プラモデルカメラ Lomography Konstruktor F

本来はフジヤカメラに行くことが目的だった。

カメラバカにつける薬 in デジカメ Watch」でも取り上げられてて、その前から気になってたのもあって中野に行った。

特に買うつもりもなかったので雰囲気だけ知れればいいやというようにそそくさと出たのだが、ジャンク館が中野ブロードウェイにあるということで行ってみた。

そういえば中野ブロードウェイも気になってたんだし一石二鳥だった。

するとコイデカメラがあった。Lomography Konstruktor F があった。

動くしくみを理解しながら自分で組み立てるのが好きでカメラも好きな自分が惹かれるのは当然という感じだった。

そのときは散財する予定はなかったしそのまま帰ったんだが高々4000円ぐらいだし買ってもよかったなと後から思った。

帰って Lomography を調べてその写真にやられてしまった。買うしかなくなった。

直営店 Lomography+ が末広町にあるみたいだからせっかくだしそこで買うことにしつつ、メルカリで同じく Lomography のトイカメラの Diana Mini も買った。

前書きはこの辺りにして、これが組み立てる前の Konstruktor F だ。

おしゃれな箱に入っているがちょっと雑な作りで中身の精度が心配になる。しかし、中身は削ったりお湯で曲げたりしなくてもちゃんと嵌まる精度だ。

材質はランナーパーツが ABS と POM。ランナーに付いていない部品がおそらく PS だろう。

ABS はねばりのある素材で、POM は摩擦係数の低い素材である。ABS は昔から、POM は最近のミニ四駆でも使われている。PS はプラモデルで一般的な素材で塗装がしやすい。

そう塗装だ。

ただ組み立てるだけじゃおもしろくない。せっかく自分好みにいじくれるのだから何かしたい。ということで、塗装することにした。

塗装で注意するのは、ABS と POM にはプライマーというものを事前に塗装すること。そうしないと、塗装がパラパラと剥がれてしまう。そしてそのプライマーは PS には絶対に塗装しないこと。プライマーは PS を溶かし、ひどいときには中に浸透し脆くしてしまう。

難しい場合は、PS のパーツつまりランナーに付いていない外装のパーツだけを塗装するのがいいと思う。

もう1点注意するのは、内側には塗装しないこと。これは自分が失敗してしまったんだが、塗装してしまうとギアの回りが悪くなる箇所がある。ちゃんとマスキングをしよう。自分は事前に下記の記事で注意されていることを読んだにもかかわらず雑に塗装してしまい、調子が悪い原因を特定してそこでやっと注意を思い出した。頭が悪い。

pentaxian.hatenablog.com

後は組み立てなんだが説明書が分かりやすいとはいえない。プラモデルメーカーの組み立て説明書がいかに分かりやすいのかが分かる。

しかし、説明書と現物とそのしくみを考えれば組み立て自体はすぐ終わる。

ここでも注意点があって、1つは下記の記事でも言及されているがねじを留めるところの説明が1箇所抜けている。この記事は1つ前のモデルの名前に F が付かないもので、ここで言及されている誤謬のうちそのねじ留めの箇所1点以外は改修されている。

av.watch.impress.co.jp

個人的なこのプラモデルのハイライトは巻き上げダイヤルのロック・解除機構で、こういうアイディアを実感できるところが動き物を作る醍醐味だ。とても楽しい。

しくみを言葉で説明しても、実物を見ないことには実感できないのでぜひ自分の手で作って納得の快感を得てほしい。

(B22 パーツは誰によって回されるのか?P8 パーツが P1 パーツをロックした後、それを解除するのは誰なのか?巻き戻し時はなぜロックされないのか?辺りを考えるとよいと思う。)

f:id:kakkun61:20180910022628j:plain

手順13・14でギアの位置を細かに指定されるけど、これが意味があったのかが不明。なんだったんだろう。

おそらく複雑だったんだろうミラー跳ね上げ部分は組み立て済みなんだが、説明書に組み立て方が載っているのでバラして動作の確認ができるところもいい。

そんなこんなで組み上がったのがこちら。(ところで α6300 + Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS で特に考えずさくっと撮ったのにいい味が出ている。)

ファインダーを覗くとこんな感じ。よく見るアイレベルファインダーではなくウェストレベルファインダーというやつだ。プリズムがない。

意外と写ることに感動するはず。

せっかくなのでフィルム1本撮ってきた。フィルムは Fujifilm Superia X-Tra 400。(撮り終わったと思ったら7枚ぐらいまだ残っていた。しくみ上最後になるほどダイヤルが重くなるのでそれで勘違いしたのかもしれない。)

ちゃんと写ってる。すごい。

左右反転像なので慣れないと左右の向きと回転を合わせるのがこんがらがる。(少女2人の写った写真はいかにもこんがらがったもの。)

Diana Mini と比較するとびっくりするほどブレていない。あっちは目測フォーカスでこっちはちゃんと確認できる。そしてシャッター押下時のブレの大きさの違いだろう。Diana Mini はシャッターを切った後のレバーの遊びが大きすぎてすごくブレる。

巻き上げ・巻き戻しが固くて指の皮が痛くなるけど、しばらくはこれで撮影しようと思う。

キャンペーンでもらったクローズアップアダプターレンズとマクロアダプターレンズをまだ作っていないのでまだ楽しめる。

『Yesod 入門』商業誌化

同人誌で発売していた『遠回りして学ぶ Yesod 入門』がこのたびインプレス R&D より『Haskell で作る Web アプリケーション 遠回りして学ぶ Yesod 入門』として商業誌化されることになりました。

www.impressrd.jp

f:id:kakkun61:20180901081452p:plain

同人誌版からの変更点は主に、

  • 日本語が読みやすくなった
  • 対応バージョンが上がった

点です。章が増えたり減ったりはしていません。あと、表紙がかわいくなりました。かわいい。

商業誌では Amazon と honto にてオンデマンド印刷の紙の書籍も購入できるようになっています。紙はこれまで即売会でしか販売していなかったので初めて通信販売で買えるようになりました。

よろしくお願いします。

初フィルム

厳密にいうと小学校の旅行などで「写ルンです」を使ったりしたことがあるので、初フィルムじゃないんだけど自分で装填するものとしては初ということで。

中野のコイデカメラで自分でプラモデルのように組み立てるカメラを見つけて「なんだこれは!?」と調べていたら Lomography にあてられてどうしても自分でも撮りたくなって中古の Lomography Diana Mini を買った。

それで2本撮ったので現像・スキャンしてもらってきた。(本当はもう1本もあったんだけどダメにした。)

70枚撮った中で奇跡的に手ぶれもなくピントも合っている1枚。

Lomography Diana Mini

鏡筒の向かって左のレバーがシャッターボタンなんだけどこれがまたぶれやすいのなんの。

いじれるのは、絞りが F8 もしくは F11、シャッター速度が 1/60 もしくはバルブ。写ルンですのような2眼でピントは目測で 0.6m からで 4m 以降は無限遠までパンフォーカス。

フィルムは富士フィルム Superia X-Tra 400 と、Superia Premium 400。日中は ISO 100 でもよかったように思う。

で、ちゃんとしたフィルムカメラLeica のどれにしようかなどと悩んでいる。こわい。

Windows で haskell-ide-engine をビルドする

手順

1. ソースコード取得。

git clone git@github.com:haskell/haskell-ide-engine.git

2. Unicode を扱う ICU の古いバージョンが要るので取得。

自分の使うバージョンの text-icuchangelog を見て、必要な ICU のバージョンを探す。執筆時点では 53 だった。

http://site.icu-project.org/download/53#TOC-ICU4C-Download

任意の場所に展開する。以降、展開先の箇所を $icu と表記する。

$icu\bin64 にある dll の名前を変える。(要らないかもしれない。) 管理者権限の cmd で下記を実行する。

mklink icuuc.dll icuuc53.dll

他の dll も同様に。

うまくバージョンが一致したとき

うまくバージョンが一致したときは上記のかわりに下記でもインストールできる

stack exec -- pacman -S mingw64/mingw-w64-x86_64-icu

このときはビルド時に --extra-include-dirs--extra-lib-dirs の指定が要らない。

3. ビルド

対象とする GHC のバージョンごとに stack.yaml があるのでバージョンを指定する。(8.0.2 は hie-0.1.0.0 ブランチにある。)オプションで ICU の場所を指定してやる。

stack --stack-yaml=stack-8.0.2.yaml --extra-include-dirs="$icu\include" --extra-lib-dirs="$icu\bin64" install

複数バージョンの GHC に対応できるように、stack path --local-bin が示すパスに生成された実行ファイルの名前を変える。Makefile を見ればどう変えるか書いてある。

copy hie hie-8.0.2
copy hie hie-8.0

4. dll にパスを通す

実行時に参照する必要があるので $icu\bin64 と stack path --extra-library-dirs の示すパスの bin ディレクトリーの方にパスを通す。(PATH 環境変数に追加する。)

技術書典 4 にサークル参加した

4月22日に開催された『技術書典 4』にサークル参加してきました。

techbookfest.org

技術書典は1と2に個人で参加して3は会社として参加して今回の4は会社と個人と2サークルにかかわっていました。

超技術書典を抜くと皆勤です。

個人サークル

既刊として『遠回りして学ぶ Yesod 入門』を増刷し、新刊は『手続き Haskell』を持っていきました。

doujin.kakkun61.com

doujin.kakkun61.com

数字

売り上げ部数は、どんぶり勘定ですが(特に Yesod 本のダウンロードカードが完全に記憶による)下記の通りとなりました。

  • Yesod 本
    • 紙 + PDF
      • 30
    • PDF
      • 4
  • 手続き Haskell
    • 紙 + PDF
      • 60
    • PDF
      • 9

60部は次回イベント頒布も込みでの印刷のつもりでしたが、技術書典自体の来場者が倍になったことで全部捌けてしまいました。

両方とも紙の本はイベント終了の1時間半前から1時間前ぐらいに完売し、あと5冊ずつぐらいあればちょうどよかったかなという感じでした。

どちらも紙 + PDF が1000円、PDF のみが800円でした。正直『手続き Haskell』は30ページないのでちょっと高いかなと思いつつ会計の簡潔さのために切り上げました。値段で買うか悩む人がいなかったわけではないですが、ほとんどの人は、前から思っていましたが、買うか決めた後に値段の確認をするようです。

あと、16時ぐらいまで入場規制がかかっていたせいでポツポツと最後まで買ってくれる人がいて、それは嬉しいんですが、それに加えて会場の混みぐあいとで自分が買いに回ることが全然できませんでした。次も晴れたら、自分と売り子、買い出しの3人で回そう……

支払い方法は下記の通りです。

  • 現金
    • 多数
  • かんたん後払い
    • 6
  • Square(クレジットカード)
    • 0

Square 決済、実は1度もしたことがないので待ってます。(技術書典2のときに1度チャレンジしてくれた人がいたんですがうまく読めなかったことはあります。)

書籍について

新刊の『手続き Haskell』についてブログで説明していなかったのでしておきます。

ちなみに Yesod 本は表紙にポリプロピレンが貼られちょっとだけ品質アップしています。

手続き Haskell

タイトルでネタ本と思われることがあったのですが、大まじめに書いています。

ネタだと思われるという状況を変えないといけないと思っていて、というのも Haskell で手続きを書くのは全くめずらしいものではないです。なぜならそのためにモナド用の do 構文をサポートしているのですから。

世間では Haskell関数プログラミングをしないといけないという強迫観念のようなものが強いと思います。

Haskell では普通に手続きが書けるのだということが伝われた執筆したカイがあったというものです。

本書にはもう1つ執筆の理由があって、それは入門者によくある「読めるけど書けない」問題の解消です。

入門書を読んで書いてあることは分かるけど Haskell で書こうとすると書けないということが多いように思います。それは、元々手続きプログラミングをやっている人の場合、まず頭に思い浮かぶアルゴリズムが手続き的だからです。なので、それをそのまま Haskell で書けるノウハウを提示したつもりです。

また、Haskell の文法は C 族の言語や PythonRuby などとはかなり異なります。その上、関数プログラミングをするとなると、入門者は二重に壁があることになります。そこで、関数プログラミングを後回しにすることで、文法を身につけることが容易にすることも狙いです。

とはいえ Haskell らしいソースコードがあるにはあるので最後の章で、両方の書き方を対比しています。

本文中に書き忘れたのですがソースコードGitHub で公開していますので実際に動かしてみたい方はクローンしていじってみてください。

github.com

執筆

今回に合わせて同人活動をまとめたサイトを GitHub Pages で作ったのですが、せっかく Haskell のサークルなので Hakyll を使うように書き換えようと思ったのが時間が溶ける原因でした。

まずテンプレートエンジンが気に入らなく Jekyll と同じ Liquid を使おうとしたら、ライブラリーが完全でなく、まずそれの自作から始めてしまい、まさにヤクの毛刈りですね。

さすがにこのままだと執筆時間がなくなってしまうと、1ヶ月ほど前から執筆を始めました。

時間がすでになくなっているのに、執筆を始めると想定より内容が膨らみ始め、当初は Haskell の文法も解説するつもりでしたが、入門書の副読書と目標を変えることで、なんとか収まりのよい形になったのはよかったと思います。

ただそれでも自己レビューが不十分だなと刷り上がった本を読んで思えたのは反省点です。

執筆で今回よかったのはプリンターを買ったことでした。人にもよるでしょうが、自分の場合は自己レビューする場合、紙で赤ペンを入れていかないとまちがいが見つけられません。これまでは外で刷っていたのですがもう今回思い切ってプリンターを買いました。

プリンターの知識が10年ほど止まっていたので知らなかったのですが、今時はロースペック機以外はスキャナーが付くのですね。

そこでせっかくなので今回の表紙は手書き文字を取り込んでみました。それに合わせて表紙用紙を軽く波打った紙にしてみたのですが、これはよかったと思います。手書き文字とよくマッチしています。

オンライン販売

これまで通り BOOTH でオンライン販売しておりますのでよろしくお願いします。

追記(2018.09.12):『遠回りして学ぶ Yesod 入門』は商業化しましたのでそちらでお買い求めください。詳細はこちら

kakkun61.booth.pm

kakkun61.hatenablog.com

会社サークル

会社としては技術書典 3 からの2回目のサークル参加となります。

techbookfest.org

今回は個人サークルもあるので、会社の方は編集に専念しました。

前回は完全に有志でプライベートや10%プロジェクト時間にやっていたのですが、イベントの後に人事部の方からアプローチがあり、今回は業務として執筆できるようになりました。ありがたい。

また今回は表紙・ダウンロードカードを社内の絵描きの人たちに描いてもらいました。前回はクールな感じにしあがったのですが今回はキュートになりました。大きいポスターも作りました。ポスターがあると大手壁サークル感がありますね。

その他の詳細は会社ブログで公開予定ですのでもうしばらくお待ちください。

技術書典 5

次回がどうなるのか分かりませんが、『俺々言語にだって型推論が欲しい!』という題で書いてみようかなぁと思っています。(大いに変わる可能性がある。)